台所の使いやすさは広さではなく高さで決まる

台所の使いやすさは広さではなく高さで決まる

住宅購入 広いスペースに魅了されると失敗しがち

老後の家探し、間取り編。

 

家を買う時はどうしても、広々した設備に目が行ってしまう

 

広い玄関、大きな吹き抜けや階段、広いリビングや広いキッチンなどなど。

 

こういったモノは広々として開放感があるが、実際に住み始めてみると、いろいろと問題も多い。

 

たとえば広い玄関が北向きにあったら寒い。

 

広い吹き抜けや階段も北側に面していたら、冷たい空気が降りてくる通路になってしまう。

 

広いリビングも、全体に日当たりが良くないと、暖かいところと寒いところができてしまって、具合が悪い。

 

台所なども北側に造られることが多いから、窓がないと暗いし、床もフローリングでは寒いし冷たい。

 

こういう広いスペースでは、部屋の中で寒暖差ができるから、風が起こるし、そのせいでホコリも空気中に舞い上がる

 

広いスペースでは、どこで空気が暖まり、どういう風に風が起こるのか、しっかり考えねばならない。

 

また広い空間では、音や臭いも筒抜けになってしまうから、プライバシーなどもあったもんじゃない。

 

広いスペースや大きな設備に心を奪われて、それだけで住まいを決めると、あとで後悔する羽目になる。

 



使いやすい台所は、腰を曲げない台所

広いリビングや広いキッチンは、人気の間取りだ。

 

おしゃれなドラマやカフェでは、おしゃれなモノが配置されていて、とても魅力的だから、それもやむを得ない。

 

しかし広いのと使いやすいのとは別の話で、良く調べないと後悔の原因になる。

 

たとえば広い台所なら作業がしやすいかというと、コンロや調理台・シンクの配置によっても違うし、キッチン台の幅の広さによっても異なる。

 

冷蔵庫も右開きと左開きで置ける場所が変わってくるし、冷蔵庫から調理台までの距離も使いやすさを左右する。

 

冷蔵庫から食品を出して調理台に置き、コンロなどで調理した料理を食卓まで運ぶ…、この一連の動き(導線)がシンプルで最短にしないと非常に使い勝手が悪くなる。

 

そしてもう一つ重要なのが、調理台などの高さだ。

 

キッチンには、包丁を使う調理台と、洗い物などをするシンクと、鍋やフライパンを使うコンロ台の3つの台があるが、それぞれ高さ(深さ)が異なっている。

 

この中で一番高くなっているのは調理台だが、調理台の理想的な高さは、使う人の肘の高さから7〜11センチ下くらいで、これより低いと腰を曲げないと使えなくなる。

 

シンクは、調理台よりも低くなっているため、調理台で腰を曲げないといけないなら、ずっと曲げないといけないことになるから大変だ。

 

日本の調理台は、身長が低い女性に合わせた規格だったようで、永らく80センチと85センチの2種類しか選べなかった。

 

そのため最近は90センチのキッチンセットもあるし、高さを調節できるキッチンもできている。

 

またシステムキッチンなどでは、食器洗い機などが組み込み(ビルトイン)になっているが、こういうのも台所の使い勝手を悪くする一つだ。

 


スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加