張り相と欠け相 方角と家相をまとめてみる

張り相と欠け相 方角と家相をまとめてみる

鬼門、裏鬼門に三備を設けず

老後の住まい探し、鬼門の話。

 

鬼門とは、土地や建物の中心から、北東の方角のことであり、邪気が入ってくる方向とされる。

 

邪気というのは風や湿気や臭いなど、健康に悪いモノの総称で、人を不快にさせる原因だと思えば良い

 

建物の鬼門の方角には、日が当たりにくかったり、北風も当たらないから、陰気で湿気やすく、こういうところを玄関や門にしたり、台所や洗面所・風呂場にすると、カビが生えたりモノが腐ったりして邪気の発生源になる。

 

一方、真反対の南西の方角は、裏鬼門と呼ばれ、こちらにも風呂場や台所を造ってはいけないという。

 

裏鬼門は南西の方角で寒くないし、湿気るわけでもない。

 

だから特に何かがあるわけでも無さそうだが、強いて上げるとすると、モノが腐りやすい方角か。

 

南西の方角は風が強いので、砂埃が舞ったり、風呂場や台所の火が家屋に飛び火して、火事が起こりやすいからだという話もよく載っているが、これはもう、地域や地形によって異なるから、一概にはもう何とも言えないね。

 

さてまた家相学や風水などでは、土地や建物に張り(でっぱり)や欠け(へこみ)があると、様々な問題が起こるとされている。

 

本やネット上の記述をまとめてみたが、欠け相はとにかく凶相とされているようだ。

 

欠け相だと日当たりが悪いから、邪気が滞るってことなんだろうが、気にし出すと切りが無いね。

 


スポンサードリンク

欠け相と家相の言い伝え

張り相と欠け相の方角と、その言い伝えをまとめてみた。

 

方角と家相のまとめ
方位欠け相の場合(へこみがある場合)張り相の場合(出っ張りがある場合)
北(次男の方位)×病人絶えず、子供で苦労する。

 

後継者なし。

 

子孫の衰退

◎部下に恵まれる。

 

夫婦円満。

 

子孫安泰。

 

結婚良縁

北東(三男の方位)※鬼門【大凶相】病気災難絶えず、争い多し。

 

家督相続者に災い有り。

 

×家族に病人絶えず
東(長男の方位)【大凶相】主人意見通らず。

 

長男は出世せず、女性問題多し。

 

家衰退。

 

◎家族は病気知らず。

 

長男成功。

 

賢子生まれ家門栄える

南東(長女の方位)×主人に威厳無し。

 

商売破綻。

 

信用失墜。

 

短命。

 

長女は晩婚か非婚。

 

◎社会的信用をかちえる。

 

長女良縁

南(次女の方位)×主人に落ち着き無し。

 

仕事や社会的名声を失う。

 

娘はケガなどの事故多し

×社会的信用を無くす
南西(主婦の方位)※裏鬼門×主婦大病多し。

 

主婦、再婚の相。

 

養子の相続になる

×後家の相(未亡人になる)
西(三女の方位)×支出多し。

 

女性に病気。

 

子供に異性問題多し。

 

家衰退

◎夫婦円満の相。

 

財運良好

北西(主人の方位)×主人の権威・財運なし。

 

女難の相、家衰退

◎財運良好。

 

夫婦円満

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加