断熱リフォーム 結露でカビたり建物が傷む

断熱リフォーム 結露でカビたり建物が傷む

木造の建物は、風通しが命

木造の中古住宅リフォームで難しいのが、断熱リフォームだ。

 

耐震改修や耐震リフォームであれば、必要なリフォームを施工して耐震性を高めれば良い。

 

しかし断熱リフォームは、耐震リフォームのように一筋縄ではいかないのだ。

 

というのも断熱リフォームは、失敗のリスクがあり、なおかつ修正しにくいリフォームだからだ。

 

断熱リフォームが必要な物件というのは、木造物件なのだが、材木は水に弱い。

 

木が水に浸かっていると、腐朽(ふきゅう:腐って朽ちる)したり、シロアリにやられたりする。

 

それを防ぐため、木造家屋では床を高くし、風通しを良くすることで、長持ちさせている。

 

現代の木造家屋の基礎は鉄筋コンクリートでできているが、通気口がいくつも設けられているのも、床下の風通しを良くして湿気が籠もらないようにするためだ。

 

また鉄筋コンクリートの基礎がない神社仏閣も、人が楽に床下に潜り込めるくらいに床が高く造られているし、水が溜まりやすい部分には、雨よけの小さなヒサシが付いていたりする。

 

木造建築は、こういった様々な湿気を取り除く工夫で、何十年も持つわけだ。

 

ところがその結果、冬は非常に冷えてしまう。

 

家中の風通しが良いわけだから、どんどん熱が逃げて、床や壁が冷える。

 

床や壁が冷えると、いくらストーブを焚いても、部屋は暖かくならない。

 

というのも体感温度というのは、周囲の物体の輻射熱から感じるモノなので、いくら室温が暖かくなっても、床や壁が冷えたままだと、暖かく感じないのだ。

 

そこで床や壁に断熱材を入れて断熱するのだが、そうすると今度は風通しが悪くなって、湿気が籠もってしまう。



断熱材を入れると、空気の流れが悪くなり、結露する

木造家屋は、木材を長持ちさせるため、風通しが良い。

 

そのため冬は非常に寒くなるので、床や壁、窓や出入り口と言った部分から、熱が逃げないように断熱リフォームを行う。

 

床や壁に断熱材を入れたり、窓を二重サッシにしたり、高断熱複層ガラスを入れる。

 

ところがこれがまた別の問題を引き起こす。

 

それが結露など、湿気の問題だ。

 

断熱すると風通しは当然悪くなるので、どこかに湿気が溜まりカビが生えたり、水が溜まって木材が傷んだりするのだ。

 

窓は元々ガラスだから、二重窓にしても良いのだが、壁は断熱材を入れると、どうしても湿気が溜まりやすくなる。

 

特にグラスウールやロックウールのような吸湿性がない断熱材は、断熱材の表面に水が付いて溜まっていく。

 

断熱材を挟んだ境界面には温度差ができるので、そこで結露が発生して木材が湿るのだ。

 

さらに空気の流れがなくなると、ホルムアルデヒドなど、建材に含まれる化学物質が部屋に籠もって健康に悪い。

 

唯一の解決策は、吸湿性がある素材を断熱材に使うことだが、これがちょっと高い。

 

断熱リフォームというのは、そういうわけで、いろいろ矛盾をはらんでおり、なかなか難しいのだ。

 

断熱材の種類と長所短所
断熱材の種類 長所 短所
グラスウール 安い。燃えにくい。火に強い。防音・吸音もできる。 湿気やすい。ズレたり偏ることがある。
ロックウール 燃えにくい。火に強い。防音・吸音もできる。 湿気やすい。ズレたり偏ることがある。
セルローズファイバー 燃えにくい。火に強い。防音・吸音もできる。 高い。湿気を通す。
羊毛断熱材 燃えにくい。火に強い。防音・吸音性能が高い。 湿気やすい。
ポリエステル断熱材 安い。火にも多少強い。防音・吸音能もある。 湿気やすい。
ポリスチレンフォーム 断熱性能が高い。湿気にくい。 防音性能はない。
硬質ウレタンフォーム 断熱性のが高い。湿気にくい。 防音性能はない。
発泡ポリカーボネート 湿気にくい。 防音性能はない。

広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽光発電 相談
同条件でも100万円以上損することも?太陽光発電をつけるなら見積り比較を
トップへ戻る